金運アップによい財布の買い替えタイミング

 

ひとつのものを長く使い続けていると、愛着がわいてきますよね。

財布のように、いつも持ち歩いているものだったら、なおさらです。

 

また、ちゃんとした財布はとてもしっかりと仕立てられていますので、そうそう簡単に壊れたりはしないもの。

なので、ひとつの財布を長く使い続けているという方も、たくさんいらっしゃるでしょう。

 

でも、金運アップのためには、財布も買い替えたほうがよいのです。

こちらでは、金運アップによい財布の買い替えタイミングをご紹介します。

 

財布にも寿命がある

いろいろなものには寿命があり、財布にも寿命があります。

風水では、財布の寿命はおよそ1000日、約3年と言われています。

 

財布はもともと、それぞれの「金運」を持っていますが、使い続けているとその金運は少しずつ減っていき、3年経つと金運は使い果たされると考えられています。

そして、3年を過ぎると、逆に金運は下がっていくと言われています。

財布の寿命が3年というのは、金運がなくなるまでの期間のことなんですね。

 

より強い金運に恵まれるためには、できれば毎年、財布を買い替えたいもの。

少なくとも、3年以内には財布を買い替えるようにしましょう。

 

金運アップによい財布を買い替えるタイミング

財布を買い替える良いタイミングには、時期と節目の2つがあります。

 

財布を買い替える時期

風水に見る金運アップに良い財布の買い替え時期は、春と秋です。

 

春に買う財布は「貼る(張る)財布」と呼ばれ、財布がパンパンに張るほどお金がたくさん集まってくるといわれています。

ここで言う春とは、1月1日元旦からを指すこともありますが、旧正月である節分のあたりから、夏が始まるとされる「立夏」(端午の節句のあたり)までのことです。

 

秋に買う財布は「秋財布」。

秋は稲穂が実るのをはじめ、たくさんの収穫がある豊穣期。

この時期に買い替えた財布は、多くの実りに恵まれると言われています。

 

逆に、夏に財布を買うのはNGです。

風水では、夏は「火」の気の季節であり、火がお金を燃やしてしまうと言われているからなのです。

<広告>




 

財布を買い替える節目

進学したとき、学生から社会人になったとき、会社で昇進したときなど、これまでからステージアップした節目は、財布を買い替える絶好のタイミングです。

立場が変われば、それにふさわしいものを持つのが良く、特に学生から社会人になられた人は、社会人にふさわしい財布を持つことが、金運のみならず、全体運をアップしてくれるでしょう。

 

また、恋人と別れたときも、ぜひ、財布を買い替えたいもの。

もう終わってしまった恋をいつまでも引きずっていると、新しい出会いは望めませんし、あなたにとってマイナスでしかありません。

 

財布は、元恋人と楽しい時間を過ごしたときに、必ずそばにあったものだけに、これまでの良い思い出もつらい別れも思い出させるもの。

まして、財布が元恋人からプレゼントされたものであれば、なおさら、です。

 

つらい気分を切り替え、新しい出会いを得るためには、古い財布は処分して、新しい財布に替えましょう。

 

おすすめの金運アップ財布


金運万倍九星財布

ご自身の九星にあわせて金運力をアップしてくれる財布。!

内側は九星に一番相性の良い色が施されています。

 

【あわせて読みたい金運アップ財布関連記事】

金運アップにたいせつなのは、明るく、元気で素直な気持ち!

いつも前向きに金運アップを楽しんでいきましょう!!

金運アップ財布
スポンサーリンク
風水・占い・おまじないで金運アップ!
タイトルとURLをコピーしました